【ポーランド】キャッシュレス化-日本との違い

ポーランド
スポンサーリンク

 

こんにちは!

 

 

今回はポーランドのキャッシュレス化について。

 

 

スポンサーリンク

キャッシュレス化

 

日本ではよく現金で買い物をします。

カード支払いできる所はまだまだそんなに多くはありません。

 

日本はクレジットカードなどキャッシュレス決済で後れを取っていると言えるかもしれません。

 

一方、今僕が住んでいるヨーロッパにあるポーランドという国はカード決済の普及率がとても高いです。

100パーセントすべてのお店でカードが使えるとは言えないものの、ほぼカードでの支払いが可能です。

 

機械が壊れてカード支払い出来ない場合を除いてカード不可のお店はまだ見たことありません。

現に、僕はいつも現金を持ち歩いていませんし。

 

30円ほどの小さな金額でもカードがつかえます。

ピッとタッチするだけで支払いが終了するので、とても便利です。

パスモとかスイカと一緒です。

 

ある程度の金額まではパスワードを入力する必要もないので素早く支払いをすることができます。

スーパー、自販機、薬局、コンビニ、レストラン、マクドナルドやケンタッキー。すべてカード決済できます。

 

ポーランドに観光で来るときは現金を持ち歩かなくてもいいと言っていいほど。

 

もちろんスーパー等で現金をつかって買い物をする人もいます。

ただポーランドでは、現金で買い物をする場合、大きいお金が使えないケースがけっこうあります。

日本でもレジで一万円札を出しにくいときありますよね?

そんな感じです。

 

ポーランドだったら50ズオティ札(1500円)、100ズオティ札(3000円)とそんなに大きくない金額でも店員に嫌がられるときがあります。

嫌そうな顔しないでよー

 

細かいのある?って必ず聞かれますし、下手したらお釣りがない場合もけっこうあります。

 

なのでポーランドではカード決済のがお得です。

 

支払いの度に銀行から使った金額と残高が記載されているメールもきます。

なのでセキュリティ面も安心。

 

よく、カード支払いの場合、ついつい使いすぎてお金を節約できないよと言う人がいます。

現金支払いとは違い、財布から1枚2枚とお札を出すことをしないので、実際に支払っている感覚がなくなり金遣いが荒くなってしまうという理由です。

 

けれども、ホントはカード決済の方が節約になります。

 

カード決済のいい所は使った金額が銀行サイトで簡単に見れて家計簿をつけなくてもお金の流れがわかるということです。

節約するには自分のお金の使い方がわからないとうまくいきません。

 

家計簿をつけずにいくら使ったかを知れるのでカード決済のが便利です。

金遣いが荒くなってしまう方は使った金額を見てそうならないよう注意しましょう。

 

 

とりあえず、ポーランドは日本と違ってカード支払いがメジャーです。

 

日本円をポーランドのお金に両替しても金額が大きすぎてレジで使えないということもあるので旅行の際はそんなに両替をしないことを勧めます。

もし、現金が必要になったら日本のクレジットカードのキャッシング機能を使ってポーランドのATMで現金を下ろすのが一番です。

 

 

以上、ポーランドのキャッシュレス社会についてでした。

 

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

ポーランド
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント