古典が好きになる本ー源氏物語・百人一首について

読書
スポンサーリンク

 

今回は古典がもっとすきになる本を紹介したいと思います。

高校のときの古典の授業はつまらなくて嫌いだったけど、この本は面白いです。

 

源氏物語と百人一首についての本です。
スポンサーリンク

古典が好きになるおすすめ本

源氏の男はみんなサイテー

 

 

日本が誇る古典、源氏物語を親子関係と言う観点から語った本。

源氏物語はみなさんご存知のように主人公の男が多数の女を漁るお話。

 

1000年も前のことだけど、やっぱり人間、男と女は今も昔も同じなんだなあ。

人って変わらないんだなと思える本。

もちろん技術は紫式部が生きていた当時と比べるとめちゃくちゃ進化してるんだけど。

 

源氏の男たちがいかにマザコンで自分勝手でイヤなやつかを示す本でもあります。

けっこう笑わせてくれる本です。

 


 

源氏に愛された女たち

 

 

男性の視点から源氏物語について語り浮気論についての言及もあり。

先ほどの女性著者の書籍と比べてみるのもいいかも。

 

恋愛論についての本がお好きな方はおもしろく読めると思います。

渡辺淳一さんのエッセイは読みやすくおもしろいです。

本当スルスル読めます。

 


恋する「小倉百人一首」

 

 

阿刀田高信者なので布教します。

 

小倉百人一首っておもしろそうだなと興味を持つ本です。

ちはやふるが好きなかたも是非!

 

これを読んで、子供のころにもっと百人一首になじんでおくべきだったと後悔。

 

うちの家庭では、小さいころお正月になるとよく親戚ら皆で百人一首をしていました。

祖父母からのお年玉は、そのとき取った札の数によって変動するというシステムを採用していたので子供ながらガチでやっていました。

当時この本を読んで歌を覚えてたら正月の百人一首大会のとき、無双できてお金ガッポガッポだったのに・・・

 

阿刀田高流の歌の解釈がとにかく面白いです。

 

当時の歌は男女の交際の重要なツール。

なんか他人のラブレターを覗き見しているみたいで面白い。

恋愛の基本形は今も昔もさほど変わらないので共感できる部分もあるはず。

 

私はガードが固い女ですよって言ってる歌があったり、男性に軽いジャブを飛ばしている歌があったり、意中の彼にさりげなく女ごごろを訴えている歌があったりといろんな発見があります。

 

これを読んだら、百人一首の中で好きな歌・お気に入りの歌なんかも出来るはず。

ちなみに僕の好きな歌は、紫式部の

 

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな

 

趣深い歌です。

阿刀田高さんの面白い解釈が載っていました。

 

 

以上、日本の古典が好きになる本についてでした。

 

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

読書
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント