平成元年~5年生まれが懐かしくなる本・小学生おすすめ児童書

読書
スポンサーリンク

本記事では小さいころに読んでた懐かしい本(児童書)を紹介します。

 

平成元年~5年生まれの方はもれなく「うわ~エモい!」と懐かしくなり、切なくなること間違いなし。

 

小学校の時、朝読書の時間で読んだ学級文庫の本や、図書室から借りた本など思いつく限り挙げました。

 

本のあらすじ・概要はそこまで記載せず、どうでもいい個人的な思い出を書いているので悪しからず…

スポンサーリンク

がまくんとかえるくん

「がまくんとかえるくん」シリーズ

 

おそらく小学校低学年の国語の授業で読みました。

 

授業で感想文を書くはずだったのに、書けなくてワンワン泣いてた。

がまくんの気持ちが書けなかった。

バムとケロ

「バムとケロ」シリーズ

 

バムちゃんとケロちゃんがとにかく可愛い。

お茶目なキャラクター、カラフルな絵。

 

図書館にあったバムケロシリーズはおそらく全部借りたであろう、それぐらい素敵な本。

いぬのマーサとスープのひみつ

いぬのマーサとスープのひみつ

 

マカロニのあいうえおスープを食べて、喋れるようになった犬のおはなし。

 

この本はバムケロがまくんかえるくんと比べたらそこまでメジャーの絵本ではないかもしれませんが、なぜか強烈に覚えています。

はれぶた

はれときどきぶた

 

定番のはれときどきぶた。

かいけつゾロリ

「かいけつゾロリ」シリーズ

 

「かいけつゾロリ」シリーズ、66巻ぐらいあって驚きました。

アニメも見ていました。

かいぞくポケット

「かいぞくポケット」シリーズ

 

全20巻の「かいぞくポケット」シリーズ。

対象年齢はたぶん小学校低学年くらい。

 

ジャン、ケン、ポンという子分がいたのを覚えてます。

エルマーのぼうけん

エルマーのぼうけん

 

「エルマー」という言葉がなんかカッコよくて読んだ気がします。

 

 

なかでも「エルマーと16ぴきのりゅう」は鮮明におぼえてます。

表紙もカッコイイ。

ずっこけ三人組

それいけズッコケ三人組

 

ハチベエ、モーちゃん、ハカセとか懐かしすぎる。

 

たぶん自分のお小遣いで買った初めての本だった気がします。

Kindle版でも読めるのが嬉しいです。

シェーラひめのぼうけん

シェーラひめのぼうけん 魔神の指輪

 

「シェーラひめのぼうけん」シリーズは当時一番はまってた気がします。

シェーラひめが可愛いです。

 

購入してもう一度読もうと思っていたのにKindle版がなくて残念です。

 パスワードは、ひ・み・つ

「パスワード」シリーズ

 

勉強できる系の友達が読んでるのを見て、読み始めたと思います。

 

「パスワード」シリーズに限らず、青い鳥文庫は懐かしいの宝庫。

子供の時に青い鳥文庫を読んだ方はかなり多いはず。

はだしのゲン

 

 

小学校の図書室にあった漫画(たぶん)。

はだしのゲンを読んだ男子は英雄扱いされてた気がします。

ダレン・シャン

ダレン・シャン

 

いっき読みしたのを覚えています。

今でもラストの展開を覚えてるぐらい好きになった本。

 

ホント懐かしい。

デルトラ・クエスト

デルトラ・クエスト

 

ダレン・シャンの次に読んだ気がする「デルトラ」シリーズ。

表紙がキラキラしていてとにかくかっこよかった。

 

すこし立体的な表紙だった気がします。

エラゴン 意思を継ぐもの

「ドラゴンライダー」シリーズ

 

おそらく当時はこんなページ数がある本を読んだことがなかったはず。

それでも夢中になって読めた本。

 

ドラゴンが好きになったのを覚えてます。

五体不満足

五体不満足

 

読書感想文の王様。

これで読書感想文を書いた人かなりいると思います。

キノの旅

キノの旅 the Beautiful World

 

生まれて初めて読んだラノベ。

まとめ

 

以上が、思い出せる限りの懐かしい本です。

 

懐かしすぎてこの記事を書いてる途中Kindle版のを見つけたらついつい買っていました。

 

大人になって読む児童書もなかなか面白いです。

 

この記事で紹介された本をAmazonでチェック↓

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

読書
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント