【2018年更新】Google AdSense に運営2週間の底辺ブログが合格

ブログ
スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ようやく、我が底辺ブログでもGoogle AdSenseに合格することができました。

 

なので今回は合格当時のブログ状況について

1回目では落ち、2回目の申請で受かったので、その改善点などについても。

 

初めてGoogle AdSense に申請したときは返事がくるまでおよそ10日かかりました。

ようやく返事がきたと思いメールを確認したら、不合格。

 

ほかのブログを色々読んでばっちし準備OKのつもりで申請したので、正直絶対受かると思ってた。

 

なのでちょっとショックだった。

 

 

不合格当時のブログ状況 (一回目のとき)

 

レンタルサーバ契約、独自ドメイン

記事数:27 (1000文字未満の記事が8つほど)

カテゴリー:12 (うち1つは記事数0)

ジャンル:留学

問い合わせ、プライバシーポリシー設置

Youtube埋め込み動画あり

広告はアマゾンアソシエイトのみ

 

申請の時は記事数6つ程でしたが、返事がくるまでけっこう時間があったので記事数も27に。

 

落ちた理由が分からず、記事数0のカテゴリーがひとつあたのでそれを埋めるために記事をひとつ追加しました。

そして文章量が少ない記事があったので、そのいくつかを最低1000文字は超えるように手直し。

不合格のメールを受けた6時間後にまた申請をしました。

 

そうしたら受かった。

申請してから10時間ほどで合格メールの返事がきてました。

 

合格当時のブログ状況

レンタルサーバ契約、独自ドメイン

記事数:28 (1000文字未満の記事は2つほど)

カテゴリー:12

ジャンル:留学

問い合わせ、プライバシーポリシー設置

Youtube埋め込み動画あり

広告はアマゾンアソシエイトのみ

 

改善点は主に記事の文字数増加

 

記事の文字数を増加したら大丈夫だったので、Google AdSense に受かるためには、ひとつの記事に最低1000文字は書いたほうがいいということがわかりました。

 

文字数が1000字未満の記事がたくさんあると審査に落ちる確率は大です。

 

ネット上のGoogle AdSenseについてのサイトはそれぞれ皆さん言っていることが違うし、Googleさんも不合格理由を教えてくれるわけじゃありません。

そのため合格するのに色々悩むと思います。

 

ただ、最低限これを目安にすれば問題なく審査に通ると思います。

 

記事数:20個ほどあれば十分

文字数:記事の文字数はなるべく1000文字以上。1000字未満の記事はなるべく少なくする。

プライバシーポリシー、問い合わせ設置。

 

とりあえず、ここらへんの条件を満たせばなんとかグーグルアドセンスの審査には通るはずです。(願望)

 

あと、

審査開始から合否のメールが返ってくる期間にはかなりばらつきがあるみたいです。

個人的に、明らかに合格または不合格の場合はおよそ1日で返事が来て、

グレーゾーンにいる場合は返事がくるのに時間がかかる傾向にあると思います。

 

1週間以上グーグルから返事が来ない場合は、記事の肉付けをしたり、記事をちゃんとfetch as google しているか確認したほうがいいと思います。

 

以上、グーグルアドセンスについてでした。

ブログ初心者の方の参考になれば幸いです。(そういう僕もまだまだ初心者)

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

ブログ
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント