格安!ヨーロッパでの語学留学・費用について-非英語圏ポーランドで英語を学ぶ

留学
スポンサーリンク

 

こんにちは。

今回はポーランドでの語学留学についてです。

 

  • 英語を勉強するために語学留学を考えている
  • メジャーな国よりマイナーなところに行きたい
  • 留学費用をできるだけ抑えたい

 

という方におススメの記事です。

 

金銭的な理由でフィリピン/セブ島へ語学留学する人が多いのですが、ポーランドの語学留学もそこまで値段に大差はないのでヨーロッパの雰囲気が好きな方にはおススメです。

 

スポンサーリンク

ポーランドで英語を学ぶ語学留学

非英語圏でも英語が学べるのか?

まず、英語圏じゃなくてもちゃんと英語を学習することができるか不安という方がいるかもしれません。

 

結論から言うと問題なく勉強することができます。

 

ポーランドの公用語はポーランド語ですが若者は英語を話す人がとても多いです。

ポーランドだけではなくヨーロッパの国の人は母国語の他に英語を喋ると言う人が多い傾向にあります。

 

非英語圏ですが英語環境に身をおいて生活することができます。(ポーランド語が分からないと不便なのは言わずもがな)

 

語学学校に通う場合もネイティブの先生がいるところありますし、他の国から色んな学生や観光者がくるのでとてもグローバルな環境です。

 

英語を使う機会はもちろん多いです。

 

語学学校では初心者レベルから上級者レベルまで色々なコースがそろっているので自分の英語レベルに合ったクラスで学ぶことができます。

 

語学留学の費用はどのくらいかかるのか?

 

留学となると問題になるのがやっぱり費用。

できるだけ安く行きたい・・・

 

アメリカやイギリス、オーストラリアへ語学留学となるとものすごく高いのですが、ポーランドの場合そこまで値段は高くはありません。

 

まず、家賃や生活費。

 

物価が低いので出費は抑えることができます。

ホステルに滞在する場合だったら家賃も1泊1200円くらいで済むはずです。

 

【留学費用】ポーランドの生活費公開!
ポーランドでかかる一ヶ月の生活費をまとめました。物価が安いので出費は少なめ。月に5万円ほどあれば大丈夫です。留学するのには最適な場所です。お金がかかるイメージがある海外留学、ポーランドでは費用はそんなにかかりません。

 

語学学校の授業料。

こちらもイギリスやオーストラリアと比べて安い傾向にあります。

 

イギリス

  • ワンルームの家賃:月約13万円
  • 生活費:月10万円
  • 語学学校:1時間の授業料2700円(おおよそ1ヶ月で15万円〜25万円前後)

参考:SchoolWith。授業料についてはこちらの語学学校のサイトも参考にしました。

 

オーストラリア

  • ワンルームの家賃:月約7万円
  • 生活費:月10万円
  • 語学学校:1時間の授業料1250円(およそ月9万円〜14万円)

参考:SchoolWith。授業料についてはこちらの語学学校のサイト参照。

 

ポーランド

  • ワンルームの家賃:月約3万円
  • 生活費:月3万円
  • 語学学校:1時間の授業料470円 (およそ月8000円 )

授業料についてはこちらの語学学校のサイトを参照。

 

このように他の国と比べて費用はとても安いです。

 

ポーランドにはどういう語学学校があるのか?

クラクフ

Callan School :

先生はネイティブで1コマ(50分)あたりのグループ授業の値段は500円。

コースは色々あるのですが、例えば二時間の授業を週二回、つまり月に16時間の授業で7500円ほど。

 

ワルシャワ

Cambridge School of English :

たくさんコースの種類があるなか、例えば1ヶ月または2ヶ月の期間でネイティブによる45分の授業を計48回。

こちらがだいたい42000円ほど。

 

コースごとの詳しい値段はこちらのページに記載されていました。

 

TFLS :

例えばネイティブによる10もしくは15週間のコースで合計60時間のグループ授業(4人~8人)。

こちらが29000円ほど。

コースごとの詳しい値段はこのページから。

 

もちろん1年などの長期のコースもあります。

 

とりあえず、ざっと調べたものをまとめてみました。やはり首都のワルシャワの方が語学学校の数は多いです。

 

ポーランドで語学留学をするには

ビザについて

シェンゲン協定により、ビザなしでも90日はポーランドに滞在することができます。

なので、3ヶ月未満の語学留学であればビザ申請なしで渡航することができます。

 

3ヶ月を超える場合だとワーホリビザを申請する必要があります。

 

こんな人におすすめ!ポーランドのワーホリについて
ポーランドのワーホリ制度について。申請方法やメリット、デメリットについて。費用は他の国に比べ格安だと思います。語学学校代、生活費は抑えることができます。立地がいいので滞在中に旅行もたくさんできます。

 

このビザで1年間はポーランドに滞在できます。

 

シェンゲン協定とワーホリを使えば最長1年3ヶ月滞在することももしかしたら可能かもしれません。

シェンゲンのほかに、日本とポーランドの二国間協定というのもあるみたいです。

(ビザについてはややこしくて複雑だし責任もとれないので詳しくは専門機関にお問い合わせ下さい)

 

滞在場所のついて

3ヶ月程度の場合ならAirbnbを使って滞在場所を探すのもありですし、1年間など長期の場合だったら家を借りるのもいいと思います。

 

【Gumtree】ポーランドで家を借りるとき・退去するとき
ワーホリ・留学等でポーランドに来た際の家の借り方・退去について書きました。部屋を見つけるときはGumtreeやOtodomなどのサイトを使うと便利。

 

最後に

 

僕自身、英語を学ぶための語学留学はしたことがなく学校の実態は詳しく分かりませんが、とりあえず非英語圏でも英語を学ぶ選択肢があるというのをお伝えしたくこの記事を書くことにしました。

 

なにもオーストラリアやイギリスだけというわけではありません。

 

格安の語学留学先としてフィリピン・セブ島がとても有名ですが、ポーランドを始めチェコやハンガリーなどの東欧諸国でも出費を抑えて英語留学することができます。

 

 

以上、ポーランドで英語を学ぶ語学留学についてでした。

 

 

【留学・ワーホリ】ポーランドに着いてまず最初にするべきことは?
ポーランドに着いてまず最初にするべきことをまとめました。銀行口座やケータイのシムカード、保険の手続き等、留学やワーホリで来た場合の大事な手続きリストについてです。落ち着いたら家探し。

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

留学ポーランド
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント