YouTube でプログラミング を学習!【趣味プロch】

【JavaScript】プログラミングでヌメロン(Numer0n)を作る / 7セグメントディスプレイ

JavaScript
スポンサーリンク

本記事では JavaScript を使って、ヌメロン(Numer0n)を作るプログラムについて紹介しています。

 

YouTubeに動画もあるので、ぜひご覧ください。

 

【早送り】プログラミングでヌメロン (Numer0n) を作る!7セグメントディスプレイ
スポンサーリンク

プログラミングでヌメロン(数当てゲーム)を作る

DEMO

まず始めに、こちらが完成品のサンプルです。

 

コンピューターがランダムなすべて異なる4つの数字を生成します。

 

それを、推理しながら相手の数を当てるゲームです。

 

マスターマインドゲームと呼ばれたり、Blow & Hit (ブローアンドヒット)と呼ばれたりもします。

 

入力した番号がどの程度合っているかは、「EAT」(イート)や「BITE」(バイト)数を元に判断します。

 

EAT:数字と桁が合っている場合

BITE:数字は合っているが桁は合っていない場合

 

入力した数字が重複していたり、整数でない場合や4桁ではな時にはアラートメッセージが出ます。

 

入力ボタンを押すと、EATやBITEの数字が表れます。

 

また何回目のトライなのかも画面に表示されます。

 

そのヒントを元に相手の数字を推理してください。

無事当てることができたら、正解の数字が下に表示されます。

 

今回は数字を7セグメントディスプレイを使って表示してみました。

 

どうしても、正解の数字が分からない場合は「諦め」ボタンを押すと、正解が出てきます。

HTMLファイルの作成

 

まず、下記のようなHTMLファイルを作成します。


<input>タグで「入力」と「諦め」のボタンを2つ用意しています。

 

また、ヒントを表す、EATとBITEについてのメッセージは、style=display: none” で非表示にし、ある動作が行われたときに表示されるようにしています。

 

“textScreen” という id の「お見事!正解です」と「残念!正解は」というテキストを表示するキャンバス、”gameScreen” という id が付いている7セグメントディスプレイで数字を表すキャンバスの二つを用意しています。

 

CSS ファイルはこのように書いています。

 


“textScreen” と “gameScreen” はvisibility: hidden; を使って非表示にしています。

 

これも特定の動作が行われるまで表示されません。

JavaScript ファイルの作成

 

JavaScript ファイルは以下のように作りました。

 

 

getRandomInt() 関数で0~9までの数字をランダムに生成しています。

 

generateNum() では重複している数字が無い配列を作っています。

 

checkInput() では、桁数がおかしくないか、整数がタイプされているかや重複している数字が打ち込まれていないかをチェックしています。

 

入力した数字にエラーがある場合、isCheckedStrに文字列ではなく数字が返却されることになります。

isCheckedStr のタイプが “stirng” (文字列)の場合のみ、つまり入力にエラーが無い時のみ次の動作に進むことができます。

 

judge() 関数でEATとBITEの回数を数え、それを表示しています。

 

何回目のトライかも画面に出てきます。

 

そして、もし4 EATの場合は「お見事!正解です」というメッセージとともに、正解の4桁の数字が7セグメントディスプレイで表示されます。

 

ウィキペディアの7セグメントの記事をもとに、ビット演算の知識を使い、七つのセグメントを個々に点灯させたり消えたりさせることで0~9の数字を表しています。

 

getColor() 関数でA~Gの個々のセグメントを点灯させたり消えたりさせるための透明度を決めています。

 

num配列には16進数で表された0~9の数字が格納されています。

 

そして sevenSegment() 関数で、該当する正解の数字をディスプレイに表示しています。

 

以上、JavaScripでヌメロンを作り、正解を7セグメントディスプレイで表示するソースコードについての記事でした。

 

参考資料

 

なかでもC言語でヌメロン(マスターマインド)を作ってみたい場合は、柴田 望洋さんの「新・明解C言語 中級編」という本がおすすめです。

 

 

分かりやすく、丁寧に書かれていますし、マスターマインドの他にもたくさんのゲームの作り方が載っています。

 

楽しくプログラミングを学ぶことができます。

 

今回のJavaScripのコードもこの本を参考にして書きました。

 

 

【JavaScript】プログラミングで2次方程式の解の公式
JavaScriptを使って2次方程式の解の公式についてのプログラムをかきました。判別式を用い、解を求めています。プログラミング入門記事。サンプルも付いています。

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

JavaScriptプログラミング
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント