ポーランドでの人種差別について

ポーランド
スポンサーリンク

 

今日は少しきわどいトピック人種差別について。

 

現在ポーランドに正規留学をしています。今回は人種差別の実情についてご紹介できたらなと思います。

スポンサーリンク

人種差別

 

結論から言いますと、僕はポーランドで差別的な仕打ちを受けたことはないです。

 

ポーランドという国は人口の約97%がポーランド人です。

 

アジア人や黒人の方は、まあ観光スポットにはたくさんいるにしろ、普段はそんなに見ることはありません。

 

周りが白人だらけなので、外を歩いているとアジア人は少し目立つと言えば目立ちます。

 

しかし、直接ひどい差別的なことを言われる、もしくは面と向かって差別的なジェスチャーをされるということは今までありません。

 

 

差別にも色々種類があって、相手が陽気な感じで「ブルース・リー!」とか言いながら喋りかけてきて、なんだかんだ少し仲良くなっちゃうなんか気さくな感じの差別。

 

小さい子供が普段みることのないアジア人をみて、物珍しさのせいか、つい興奮して知っている言葉を使ってしまう無邪気な可愛らしい差別

 

僕はここらへんだったら、言われても腹がたつという事はありませんが、こういうこともないです。

 

 

学校の先生でさえ差別的だというのをネットで見かけることがあるのですが、もちろんそういうこともありませんでした。

 

夜に飲み屋街を歩いていて、酔っ払いからひどいことを言われることもないです。

ポーランドは治安もいい国ですし、なにか大きなトラブルが起こることは少ないです。

 

とりあえず、日々生活をしていて「これ明らか差別じゃん」ってのを目の当たりにすることは今のところまだありません。

 

ポーランドに初めてくるという方の中には、現地のお店等で日本では起こりえないような接客を受け、差別を受けたと感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、日本の接客サービスが少し異常とも言えるほど完璧なだけであって、ポーランドの接客はけっこういいかげんな部分があります。

 

日本ほど丁寧な「おもてなし文化」というのは海外にはありません。

 

なので、ひどい接客を受けても、それはアジア人だからされたというより違う理由によるものが多いかと思います。

 

今の時代、人種差別的な発言・行動をする人は周りからクズ野郎だとみなされるので、直接的に差別をする人は少なくなっています。

 

差別は確かに存在するにしろ、実際にひどいことをするやつはほんの一握りの人たちです。

(少なくなっているにしろ、世界的にみたら悲しいことに差別自体は全然あるのだけれども)

 

僕が日本人であるということを知って、「ナルト好き?」とか「紀明葛西ってとってもクールだぜ!」と好意的に話かけてくることのが断然多いです。

 

ポーランドではスキージャンプが有名で葛西紀明選手はとても人気です。(彼はおそらくポーランドで一番有名な日本の人)

 

ポーランドには首都のワルシャワをはじめ日本語学科のある大学がいくつかあります。

日本語学校も複数あります。

 

そういうこともあり、日本やアジアに対して理解がある人も多いのでしょう。

 

アジア人だということで差別をする人の数より、アジア人だということで興味を持ってくれる人の数のほうが多いです。

 

YouTubeにひどい人種差別の動画がたくさんありますが、悪い方に考えすぎず、もし仮にそういうことが起こっても、相手にせずにすぐ避けるのが大事かなと思います。

 

また、悪気なんかなくても知らずして差別をする側になってしまうケースもあります。

 

僕も自分の発言等気をつけながら、ちゃんと相手の気持ちが分かるような人間になりたいものです。

 

昔にくらべて今の時代の方が人種差別が少なくなったように、これからももっと良くなるといいなと思います。

 

 

雑多で唐突な終わり方になってしまいましたが、以上ポーランドでの人種差別についてでした。

 

 

ポーランドの治安について。思っているより安全な国です。
ポーランドの治安について。盗難などのトラブルも今まで一つもないのでポーランドはかなり安全な国です。ヨーロッパでもトップクラスに治安がいいです。娘、息子が初めて海外に留学するので少し心配という親御さんでも、ポーランドだったら安心して送り出せるのではないかと思います。

 

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

ポーランド
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント