東欧留学 費用ってどれくらい?格安?学費無料!?

留学
スポンサーリンク
東欧留学だと、授業料免除+生活費支給で勉強できる確率大!?。

 

こんにちは!

 

現在僕はポーランドの大学に正規留学をしています。

 

この記事では東欧、主にポーランドの留学費用について紹介していきます。

 

 

授業料免除や生活費支給の奨学金についても。

 

 

1度は留学してみたいけどお金がなあって思っている方のための記事。

 

こと海外留学となると、やっぱりアメリカやイギリスへ行くのがメジャーです。

 

多くの方が英語が第一言語の国のアメリカ、イギリスに行きます。

東欧を留学先にチョイスする人はそこまで多くはないでしょう。

 

まずポーランドってどこよ?ヨーロッパ?

と思っている方、たくさんいるかもしれません。

 

ポーランド留学にはいろいろメリット・デメリット等ありますが、今回の記事では留学費用についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

学費

 

ポーランドの大学、授業料ってどれくらいなの?

 

年間45万円ぐらいかな。

 

僕は今理系の大学に通っているのですが、

 

そこでの授業料は年間3500ユーロ、つまり45万円です。

 

日本の国立大よりちょっと安いかなという値段です。

 

他にもたとえば、ポーランドの首都ワルシャワにある、ワルシャワ大学国際学部の学費は年間38万円。

 

 

学部によって多少違いはあれど年に35~45万円くらいですみます。

 

薬学部など特殊な学部はもちろん学費も変わってきます。

 

アメリカに正規留学する際にかかる年間授業料およそ300万円と比べたらずいぶん安いです。

 

そして、

 

さらに入学金も無料!

 

日本の大学だと入学金として25万ほど払うかもしれませんが、ポーランドはそんなのありません。

 

入学金は無料です。

 

ちなみに入学試験代も安いです。たしか3千円もしなかったはず・・・

 

日本だと受験するのに3万円ぐらいかかった覚えがありますがポーランドは格安です。

 

実はポーランド、現地人は大学の授業料すべて無料です。

外国人留学生だけ費用がかかります。

 

物価が安いので、生活費も安くすませることができます。

 

学生寮に住んで自炊すれば、

 

月4万とか5万とかで生きていけます。

 

でも授業ってもしかしてポーランド語?

 

授業は全部英語です!

 

英語専用のコースがあって、例えば文系の場合

 

政治、国際関係、ジャーナリズム、アメリカ研究、会計、心理学など

 

理系だと

 

情報工学、機械工学、建築、航空宇宙工学、コンピューターサイエンス、電気工学など

 

全て英語で課程を修了することができます。

 

ポーランドの公用語はポーランド語ですが、けっこうみんな英語ペラペラです。

ポーランド語を喋れなくても、なんとか生きていけます。

 

学部によっては(主に文系)、3年で学士課程を修了することができるところもあるので、その分生活費もかからずお得。

 

それは確かに良いかもしれない

 

教科書代について。

 

日本の大学ではアマゾンで中古本を買えるのでそんなにしないはずですが、アメリカやイギリスの場合、教科書代ってけっこう高いです。

 

1学期に3万円超えるのもザラにあるし1冊1万円する教科書とかもあります。

 

でもポーランドだと教科書代はかかりりません。

 

なんと0円です。

 

教科書は使いません。

 

授業は先生が用意したスライドとかがメイン。

教科書なしで授業やるのってどうなん?って思うことがあるけど、とりあえず教科書代は0です。

 

こんな感じで、ポーランド留学はとてもお財布に優しいです。

 

なるほど

 

ポーランドのほかにも、僕が見たなかではたしかチェコ、ハンガリー、リトアニアなども、授業料が安く、なおかつ英語で勉強することが可能です。

 

授業料が200万とか300万するアメリカ留学より全然安いよ。ほんと・・

 

 

英語を学ぶためにアメリカやイギリスに留学するのもいいと思います。

僕も、留学用にお金がたくさんあったらやっぱりアメリカを選んだかもしれません。

 

しかしヨーロッパの多くの若者はふつうに英語をしゃべります。

必ずしもアメリカやイギリスで語学留学するという必要性はないです。

 

もちろん、いい大学となるとそっちの方がたくさんあるのは事実なんだけど。

 

コスパという面だったら東欧留学はけっこうおススメです。

英語の語学学校に行くとしても、授業料は安いし、日本人もそんなにいないので語学の勉強に集中できます。

 

もちろん、つらいこともあるだろうからそんな簡単にはおすすめできないけど。

奨学金

 

最後に、

 

東欧留学のいいところは政府が奨学金を支給するケースが多いということ。

 

奨学金って借金のイメージがありますが今回書くのは給付型の奨学金についてです。

 

授業料免除だとか寮費がタダだったり、生活費が支給されるとか。

 

例えば、ハンガリー政府は毎年100人の日本人留学生に奨学金を支給しているみたいですし、ポーランド、チェコ、オーストリアも給費留学制度があります。

 

もちろんアメリカやイギリス留学にも、給与型の奨学金制度はあります。

 

ただ、倍率が高いです。

 

みんながみんなアメリカとかに行くのでよっぽど天才じゃないと面接には受かりません。

 

日本人が東欧に正規で留学するのは、やっぱりなんだかんだ珍しいです。

なので倍率は低いです。天才じゃなくてもなんとかなります。

なのでお金を気にせず勉強に集中できる確率は大きいです。

 

そもそも奨学金制度を知らない人がまずけっこう多いというのもあります。

 

授業料が免除になる可能性があります。

 

もし海外留学に興味があってお金のことがネックなら東欧留学について考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

ドイツとかノルウェーはデフォルトで授業料無料らしいんだけどね!!!

 

ポーランドの大学に正規で留学するには?入学までのステップ
ポーランドの大学に正規で留学するまでのステップについて。大学の選び方、必要書類や出願方法についてまとめました。

 

ポーランド留学メリット・デメリット
ポーランド留学のメリット・デメリットについてまとめました。お得な面は学費・生活費が安い、早く卒業できる、留学中に他の国にまた留学(エラスムス)ができるということ。デメリットは主に言語の壁。

 

【海外理系大学】ポーランド留学の実態
ポーランドの理系大学の実態について。海外理系大学の授業やテストは一体どんな感じなのかについて書いてあります。

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

留学
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント