【留学】海外理系大学-情報工学部の授業④ 2年後期

留学
スポンサーリンク

 

本記事では海外の理系大学の授業内容について紹介していきます。

 

ヨーロッパの情報工学部ではどんな内容の勉強をしているのかについて

 

僕は今ポーランドという国でエレクトロニクスとかコンピューターサイエンスの勉強をしています。

 

この記事では僕が2年後期に履修したクラスについて書いていきます。

 

それ以前の履修した授業はこちらから↓

 

【留学】海外理系大学-情報工学部の授業① 1年前期
海外理系大学の授業内容をご紹介します。海外大学のシラバス公開。ポーランドの情報工学部の学生はどんな内容を勉強しどんな授業を履修するのかについて。微分・積分や線形代数などの大学数学、力学・電磁気学などの大学物理、電気回路やプログラミングの授業について。

 

【留学】海外理系大学-情報工学部の授業② 1年後期
海外理系大学・情報工学部の授業内容を公開。留学希望者必見。ヨーロッパのポーランドどいう国のコンピューターサイエンスのシラバスについて。Pythonや電気回路や量子力学等を勉強しました。

 

【留学】海外理系大学-情報工学部の授業③ 2年前期
海外理系大学の情報工学部の授業内容を公開。留学希望者必見。ヨーロッパのコンピューターサイエンスのシラバスについて。アナログ回路、デジタル回路、信号処理、ネットワーク等の授業がメイン。MATLABのクラスもありました。
スポンサーリンク

情報工学部2年後期の授業内容

アナログ回路II

アナログ回路についての授業。

 

  • PLL
  • マルチバイブレーター
  • オペアンプの応用回路
  • パワーアンプ

 

などなど。

 

実験ではPLL回路のデザインなどもやったので、PLLについての理解は必須。

 


マイクロプロセッサ技術I

マイクロプロセッサの授業。

 

マイクロプロセッサアーキテクチャーやオペレーションについての授業。

 

Atmel studio というソフトをつかってプログラムを書いたりしました。

 

AVRマイコンのアセンブリ言語について色々と勉強する必要があります。

 

LEDを点灯させたり、7セグメントディスプレイに数字を表示させたりする課題がありました。

 

中でも重要だなと思ったポイントは、

 

  • データメモリ
  • I/Oポートオペレーション
  • スタックとサブルーチン
  • 論理演算
  • 割り込み

 

などについて。

 

毎週テストがあったり、Arduinoセットを購入して電卓をつくるプロジェクトなどがあったり結構大変なクラス。

 


デジタル信号処理

MATLABを使ったデジタルシグナル処理の授業。

 

またMATALB。

大学の授業ではなんかこればっか使ってます。

 

信号処理についてなので基本的なフーリエ解析についての知識はもちろん必須です。

 

【独学】フーリエ解析とラプラス変換おすすめ参考書 / ロードマップ
フーリエ解析、ラプラス変換のおすすめ参考書紹介。フーリエ解析、ラプラス変換の入門本。フーリエ展開の証明、フーリエ変換とは?、ラプラス変換とは?などを分かりやすく解説している本です。例題もたくさんあり、複素数型のフーリエ級数展開もバッチリ。独学で問題なしのかなりおすすめ大学数学入門書。

 

  • 離散時間フーリエ変換、離散フーリエ変換(DtFT とDFT)
  • 高速フーリエ変換
  • アナログフィルタ
  • IIRフィルタ(無限インパルス応答)
  • FIRフィルタ (有限インパルス応答)
  • リサンプリング
  • ヒルベルト変換
  • 適応フィルタ

 

などを勉強しました。

 

FIRIIRはなかでも重要なトピックかなと思います。

 

毎週MATLABでプログラムを書いたりとけっこう大変な授業。

 

フィルタをデザインしたり、音声を解析したりホントMATLAB漬けの授業。

もうこりごり。

 


オペレーティング・システム

オペレーティング・システムとコンピューター・アーキテクチャーの授業。

 

LinuxやC言語知識も必要。

 

【独学】Linux のおすすめ参考書 / ロードマップ(入門)
Linux/Unixのおすすめ参考書をまとめました。独学でもちゃんと学べる入門本です。コマンド、シェル、ネットワークプログラミンの基礎まで勉強できます。解説が丁寧なので、Androidデバイス向けの開発をしたい方にもおすすめ。これさえやれば、一通りはOK。

 

【初心者から中級まで】C言語おすすめ入門参考書・動画
初心者用から中級・上級のC言語おすすめ参考書・動画をまとめました。C言語の本について。入門もこの書籍で完璧。演算子、配列、関数、ポインタ、関数、構造体や文字列など基礎はバッチリ勉強できます。実際にゲームを作ることも可能。

 

講義では、

 

  • バーチャルマシン
  • メモリシステム構造
  • ファイルシステム
  • プロセスとスレッド
  • ネットワークサービス
  • ネットワークコミュニケーション

 

といった感じの内容を勉強。

 

ラボでは、VMwareを使い仮想マシンを構築し、毎週課題をやるタイプの授業。

 

  • 基礎的なLinuxコマンド
  • RAID
  • プロセス
  • セマフォ
  • 共有メモリ
  • パイプ

 

などについての課題がありました。

 

C言語でサーバープログラムの作成もしました。

 


コンピューターネットワーク

ネットワークの基礎を学ぶ授業。

 

以下の記事で紹介されている参考書レベルの内容を勉強しました。

 

【初心者】ネットワークおすすめ本ーエンジニア必読参考書
ネットワークについてのおすすめ参考書をまとめました。ネットワークの本について。エンジニア必読のTCP/IP入門編や、ネットワークはなぜつながるのかなどをご紹介。初心者の方でも読める。独学用。Packet Tracerというソフトを使い勉強するのをおすすめします。

 

特にマスタリングTCP/IP 応用編に書かれているものがメイン。

 

 

実験のクラスではPacket Tracerという、パソコンの画面上でネットワークを構築することが出来るソフトを使っていました。

このソフトは無料でインストールすることができます。

 

  • OSPF
  • VLAN
  • DHCP

 

などを実装しネットワークの基本について勉強しました。

 

Packet Tracer Tutorial #1

 


オプトエレクトロニクス

光と電気との関連についての授業。

 

講義では光ファイバーについてやDWDMとかいう技術について。

 

ラボではMCalc というソフトを使って、誘電体フィルタのデザインなどをやっていました。

 


CADと3Dモデリング

3Dモデリングの授業。(2単位)

 

NXというソフトを使って、基礎的なモデリングの授業。

かなり高価なソフトを大学のライセンスを使い無料で勉強できるのはやっぱりいいところ。

 


経済学

経済について(2単位)

 

なぜか必修の基礎経済学の授業。

最後に

 

以上が僕が学部2年後期に履修した主な授業内容になります。

 

【留学】海外理系大学-情報工学部の授業⑤ 3年前期
ヨーロッパの理系大学の授業内容について。ポーランドの情報学部に在籍する学生が履修した授業について。コンピューターサイエンスを学ぶために留学を考えている方の参考になればと思います。

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

留学
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント