【留学】海外理系大学-情報工学部の授業⑥ 3年後期

留学
スポンサーリンク

 

本記事では海外の理系大学の授業内容について紹介していきます。

 

ヨーロッパの情報工学部ではどんな内容の勉強をしているのかについて

 

僕は今ポーランドという国でエレクトロニクスとかコンピューターサイエンスの勉強をしています。

 

この記事では僕が3年後期に履修したクラスについて書いていきます。

それ以前に履修した授業はこちらから↓

スポンサーリンク

ワイヤレス技術とシステム

ワイヤレス技術についての授業。

  • GSM
  • OFDM
  • QPSKとかBPSK
  • IQ変調

などといった、デジタルワイヤレスシステムの基礎的なコンセプト、セル方式ネットワーク、無線LANについて勉強しました。

 

実験のクラスはMATLABなどを使い講義で学習した内容を検証するというものでした。

 

主な内容は、

  • QPSK、BPSKの分析やIQ変調オペレーションについて。
  • OFDMトランスミッター・レシーバーの分析。
  • GSM

などなど。

 

毎週テスト、レポートがありかなり忙しい授業でした。

センサー技術

毎週テストとレポート。

実験の準備もいろいろあり大変なクラス。

  • 加速度計
  • 温度センサ
  • 半導体式ガスセンサ
  • 光検出器
  • 力学的センサ

などについて学習。

暗号技術入門

暗号についての授業。

 

内容は以下の記事にも紹介されている参考書の「暗号技術入門」と似たようなもの。

講義はこの本に記載されているトピックを深く掘り下げたバージョンという感じでした。

 

 

結城 浩さんの「暗号技術入門」はとても分かりやすく、入門書としてとても優れているのでおすすめです。

 

暗号技術 おすすめ本
暗号技術について学べるおすすめ入門本をご紹介します。文系の方でも理解できる初心者向けの書籍。簡単に読める参考書です。

 

C++を使い、楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有の実装をするプロジェクトや、トピックを選んでプレゼンをすることもありました。

 

プレゼンの際は、LaTex を使ってスライドを用意することが必須でした。

めんどくさかったです。

 

デジタルウォーターマークについて話しました。

 

C++のプロジェクトはかなり大変でした。

データベース

MySQLについての授業。

 

ラボでは毎回タスクが与えらるので、それを淡々とこなす感じ。

データベースの正規化についてのプロジェクトもありました。

Java 入門

Java について。

プロジェクトは SWING, JSoup, JDBC, log4j などを使用し何かしら作ること。

読んだ本を記録するアプリをつくりました。

C#

C# でデザインパターンを勉強。

Factory, Decorator, Command, Adapter とか Strategy, Observer パターンなどなど。

 

日本語だとこの 9cubed というYouTube チャンネルを見てました。

マルチメディアインフォメーションとコミュニケーション

マルチメディア(主にビデオ)データの処理と送信に関する授業。

  • 画像・動画・オーディオシグナルの圧縮
  • コネクションレスストリーミング
  • コネクションオリエンテッドストリーミング
  • HTTP ライブストリーミング

などについて。

 

プロジェクトはHTTPライブストリーミングの再生を可能にするWebプレーヤーにちついて。

 

下記のようなものを作りました。

 

DEMO

GitHub

ディプロマ・ラボラトリー

卒論についてのラボ。

プロフェッショナル・プラクティス

インターン。

 

ポーランドの大学では一カ月以上のインターンが必修になっています。

企業でのインターンが見つからない場合、大学でもインターン(何かしらのプロジェクトを数人で取り組む)することができます。

最後に

 

以上が3年後期に履修した科目です。

 

暗号技術やワイヤレスについての授業はけっこう興味深いものでした。

あとは卒論についてクラスもいよいよ3年から始まります。

 

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

留学
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント