【⑤3年前期】CS・情報工学部の授業 – 海外理系大学

留学
スポンサーリンク

 

本記事では海外の理系大学の授業内容について紹介していきます。

 

ヨーロッパの情報工学部ではどんな内容の勉強をしているのかについて

 

僕は今ポーランドという国でエレクトロニクスとかコンピューターサイエンスの勉強をしています。

 

この記事では僕が3年前期に履修したクラスについて書いていきます。

 

それ以前の履修した授業はこちらから↓

 

【①1年前期】CS・情報工学部の授業 - 海外理系大学
海外理系大学、コンピューターサイエンス・情報工学部の授業内容をご紹介します。海外大学のシラバス。ポーランドの学生はどんな内容を勉強しどんな授業を履修するのかについて。微分・積分や線形代数などの大学数学、力学・電磁気学などの大学物理、電気回路やプログラミングの授業について。

 

【②1年後期】CS・情報工学部の授業 - 海外理系大学
海外理系大学、コンピューターサイエンス・情報工学部の授業内容を公開。留学希望者必見。ヨーロッパのポーランドどいう国のコンピューターサイエンスのシラバスについて。Pythonや電気回路や量子力学等を勉強しました。

 

【③2年前期】CS・情報工学部の授業 - 海外理系大学
海外理系大学の情報工学部の授業内容を公開。留学希望者必見。ヨーロッパのコンピューターサイエンスのシラバスについて。アナログ回路、デジタル回路、信号処理、ネットワーク等の授業がメイン。MATLABのクラスもありました。

 

【④2年後期】CS・情報工学部の授業 - 海外理系大学
ヨーロッパの理系大学の授業内容について。ポーランドの情報学部に在籍する学生が履修した授業について。コンピューターサイエンスを学ぶために留学を考えている方の参考になればと思います。
スポンサーリンク

マイクロプロセッサー技術2

 

一つ前のセミスターで履修したプロセッサー技術1のつづき。

 

  • タイマー
  • LCDについて
  • 割り込み
  • シリアル通信
  • PWMオペレーション

 

などについて。

 

毎週テストがあり、ラボの準備やプロジェクトとまあまあ大変な授業。

 

ラボでは Freedom開発プラットフォームのマイコンボードと Keil uVision5 というソフトを使い、毎週毎週課題をやるという感じでした。

 

プロジェクトは FRDM-KL05z を使って電卓を作るもの。

4×4キーパッドから押された数字を読み込み、LCD16x2にアウトプットするというものを作りました。

テレコミュニケーション・ネットワークシステム

 

ネットワークについての授業。

 

覚えてるのはMPLSや非同期転送モードについて。

 

英語の略語ばっかでてきます。

少し難しめの授業。

コンピューター計測システム

 

LabView というソフトを使う授業。

 

LabView とは簡単にいうとグラフィカルにプログラミングができる開発ソフトウェアです。

高度な計測、テストや制御システムの開発とかに使用されてます。

 

このソフトを使用しデジタルオシロスコープをデザインしたりと、とりあえずテストや計測について勉強する授業。

 

LabView はもうなんか使いたくない。

 

What is LabVIEW | Graphical System Design

 

集積回路システム

 

Cadence virtuoso というソフトを使ってレイアウト設計や検証をする授業。

 

訳分からないエラーがでたりとたくさん苦労した覚えがある授業。

もうこのソフトは使いたくありません。

 

この動画みたいなことをやりました。

Cadence tutorial – CMOS Inverter Layout

 

NAND ゲートや複合ゲート、カウンタをデザインして、遅延時間を計測したり、平均パワー消費や、ノイズマージンを求めたりとか。

 

レポートも毎回あり、とにかく大変なクラスでした。

オブジェクト指向プログラミング

 

C++についての授業。

 

テストも頻繁にあり、実験では毎回与えられたタスクをこなさないといけない授業。

 

内容は、以下の記事でも紹介された「独習C++」をちゃんと理解していればギリOKという感じ。

 

 

【独学】初心者がC++を勉強した際に使ったおすすめ参考書 / 入門から上級までのロードマップ
C++のおすすめ参考書まとめ。C++の本を入門から上級レベルまでご紹介。独学で学べます。初級者にもおすすめのプログラミング技術書について。C++を独学で学習する際の必読書。

 

蛇と梯子という簡単なすごろくゲームみたいなものを作ったりもしました。

RFエレクトロニクス

 

主に、

  • マイクロストリップアンテナ
  • ダイポールアンテナ
  • アンテナアレイ

について学習。

 

  • 特性インピーダンス
  • アンテナアレイ
  • アンテナ偏波
  • 放射強度

などは中でも重要なトピック。

 

 

ラボでは AWR Design Environment というソフトを使い、いくつか課題をやりました。

デザイン・ラボラトリー

 

4人ぐらいのグループを組み、 Raspberry Pi(ラズベリー パイ)を使ってドローンを飛ばす授業。

 

自由な感じでなかなか楽しい授業でした。

最後に

 

以上が僕が学部3年前期に履修した主な授業内容になります。

 

マイクロプロセッサの授業と集積回路システムの授業が特に大変でした。

C++の授業はなかなか面白かったです。

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

留学
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント