【独学】TOEFL iBT スコア80なら確実!おすすめ参考書まとめ

留学
スポンサーリンク

 

本記事ではTOEFL iBTのおすすめ参考書をご紹いたします。

 

実際に使ってみた中で特によかった参考書をまとめました。

 

留学等でTOEFL iBTを受験する方のための記事です。

 

留学をするならTOEFLかIELTSは避けては通れぬ道。言ってもテストなのでちゃんと対策をすれば独学でも問題ないです。

 

僕はこの参考書でスコア81をとれました。

 

80点あれば留学できる大学も増えてくるのでギリ十分かと。

 

もっといい大学を目指す場合は+αで別の勉強が必要になってきます。

スポンサーリンク

Toefl iBT おすすめ参考書

 

 

絶対必要な本です。

 

とりあえず、どんなテストなのかを把握するためにもETSが発行している参考書を買うことをおすすめします。

リーディング

 

受験英語のレベルがやばい人は、ある程度、受験英語の復習をし読解力を鍛えることから始めるのがベスト。

 

精読→速読の順で勉強するのが効果的です。

 

まず単語。

 

単語集はTOEFL iBT用なら別になんでもいいと思います。

 

一冊で十分です。

 

単語帳一冊をしっかりやって、あとは長文読解の勉強の時に分からない単語を適宜覚える感じで十分かと。

 

僕はこちらのものを使っていました。

 

 

 

読解用の参考書としてはとりあえずこの本をおすすめします。

 

 

リーディングは受験英語の知識がしっかりしていれば、あとはTOEFLの単語・形式に慣れるだけなので、模擬テスト用の参考書を買って勉強するのが一番の近道だと思います。

リスニング

 

リスニングが一番大事です。

 

リスニング対策に最も時間を費やすべき

 

ライティング、スピーキングでもリスニング力が必要になります。

 

リスニングさえ、なんとかすればノルマは達成できます。

 

聞き流すことはせず、しっかりと聞いて理解することが大事です。

 

シャドーイングがリスニング対策として役に立ちました。

 

リスニング勉強を始めたばっかりのときは、英語が全然聞き取れないということがあると思いますが、シャドーイングの練習で解決できます。

 

参考書だとこの本。

 

この参考書が一番リスニング力アップにつながりました。

 

 

おすすめです。

 

洋書の参考書に慣れていない方は、これをやる前に日本語の参考書を1冊やってからLongmanの参考書をやるのもいいかもしれません。

 

日本語のやつだと

 

 

この本がいいです。

 

あとは有名なTED等、通学、通勤時間に聞くのもいいかもしれません。

(トーフル対策というより気分転換)

 

リスニングさえなんとかすれば、目標スコアに達する可能性が大きいので、この本の他にも何冊か購入し、シャード―イング等勉強することをおすすめします。

ライティング

 

ライティングとスピーキングは日本人が最も苦手とする分野です。

 

なるべくリーディング、リスニングで点数をとり、ライティングとスピーキングでは最低限、そこそこの点数をとるというやり方もベスト。

 

アウトプット系はしっかりと対策して練習さえすれば、急激に点数が上がる人もいるので、個人によりけりですが。

 

ライティングの参考書で使ってよかったのが

 

 

日本語の本だと、

 

 

ライティングはトータルスコア80ぐらいまでだったら、独学でなんとかなります。

 

とりあえず、最初は間違いとか気にせず量をたくさん書きましょう。

 

テスト本番でも、参考書で覚えたパターンを使って、ある程度の量を書いたらノルマの点数はもらえます。
 

スピーキング

 

スピーキングも参考書でパターンを覚えたら、テスト本番ではとりあえずしゃべること。

 

しゃべらないことには点数はもらえません。

 

TOEFL iBTのテストはパソコンに向かってしゃべるので、変な感じがします。

 

が、周りのことなど気にせず、恥ずかしがらずにちゃんとある程度の量をはっきりしゃべることが大事です。

 

スピーキング、ライティングはほんとに特殊なテストなのでYouTube等使ってテストについて調べるのもおすすめ。

 

例えば、このチャンネル。

 

How to Score 117 out of 120 on TOEFL: Speaking Part and Writing Essays

 

TOEFL、英語学習者には興味深いコンテンツがたくさんあります。

 
 

参考書だったら、

 

 

もしくは、

 

 

オンラインで安く英語スピーキングを学べるサービスもあるのでそれを使うのもおすすめ。

 

 

あと、まとめとしてこの参考書をおすすめします。

 

 

僕はこのひとつ前の版のを使ったのですが、新版のもいいと思います。

 

以上TOEFL iBTのおすすめ参考書でした。

 

 

 

TOEFL iBTは試験会場選びも大切。

 

こっちがリスニングパートをやっているときに誰かが

 

I live in Tokyo 

 

とか言い始めて(マイクテストのため)、集中が途切れることもよくあります。

 

リスニング中に他の受験者がスピーキングパートを始めることもあるでしょう。

 

隣の受験者と距離が近いと集中するのもなかなか難しいです。

 

なので、隣の受験者と距離があり、ちゃんと仕切りがある会場を選んだほうがいいでしょう。

 

当時僕が受けたときは、横浜や御茶ノ水などの試験会場が特によかったです。

最後に

 

TOEFL iBTの試験代や参考書などけっこうお金がかかるかも知れません。

 

しかし交換留学することで年間200~300万円もするアメリカなどの授業を実質無料で受けることができます。

 

そういうことを考えると、試験代や参考書代はケチらないほうがいいかと思います。

 

自分の得意なテーマが出題された時、逆に苦手な問題が多かった時、当日の体調等の問題とかで、けっこうスコアにばらつきがでることもあります。

 

僕は81をとったあとにもう一回うけたら悲しいことに60点台のスコアをとってしまいました。

 

IELTS 6.0ならとれるおすすめ参考書 TOEFLとどちらがいい?
IELTS overall 6.0ならすぐとれる勉強法おすすめ参考書にについて紹介しています。TOEFL iBTとIELTSどちらを選ぶべきかについても。個人的には、大きな違いはリスニング。

 

【英語の勉強】日本にいながら海外留学!?ゲストハウスで英語漬け
東京などで一人暮らし、シェアハウスを考え中でなおかつ英語を勉強している人。効率的な英語の勉強法を紹介します。日本にいながら海外留学、ワーホリみたいな感じ。日々の生活の中で生の英語を学べます。英語を使えるおすすめバイト、ゲストハウスについての記事です。

 

本記事で紹介された本をアマゾンでチェック↓

 

         

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

留学 英語 勉強
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント