【入門】電気回路おすすめ参考書 / ロードマップ

勉強
スポンサーリンク

 

こんにちは!

ポーランドの大学で情報工学を勉強しています。

 

本記事では電気回路のおすすめ参考書をご紹介します。

 

本記事で紹介する書籍は大学のテスト対策はもちろん電検3種対策にも使える良書です。

 

大学で使うテキストは、難しい言葉ばかりで初学者に分からせようとする気ないだろこれって思うくらい堅苦しくて退屈な物も稀にあります。

 

だんだん分からなくなって理系なのに理系離れする学生も多いかと思います。

そんな学生の救世主になるであろう本をいくつか紹介させていただきます。

 

この記事で紹介する参考書は大学の授業についていけなくなった方、ゼロから電気回路を独学で勉強をするという方向けのものです。

スポンサーリンク

電気回路おすすめ参考書

電気基礎講座1 プログラム学習による基礎電気工学 直流編

 

授業で使う教科書が難しくて、なかなかついていけないという方はまず初心に戻って、松下電器工学院の参考書をとりあえずやってみるのが良いかもしれません。。

 

とにかく、やさしい本です。

 

時にはゼロから勉強をし直すことも重要かと思います。

 

知識ゼロから読める本。

 

以前に電気回路の勉強に躓いた人もこの参考書ならちゃんと理解することができます。

 

それぐらい丁寧で分かりやすいです。

 

本当に基礎中の基礎の部分から解説されています。

 

途中式などを省略せず、電気回路や理数系の科目ついて全く無知な人でも理解できるような言葉できちんと説明されています。

 

これから電気を勉強しようとする人にとっては最適の本です。

 

各章末に練習問題もあります。

 

最初の1冊としてベストな参考書。

 

ページ数も多くはないので取り組みやすいです。

 

本当に必要な基礎的知識が凝縮されています。

 

羅列的な記述が詰まった大学の教科書の場合、3ページに1回ぐらいの頻度で「難しい分からない」となるかもしれません。

 

この参考書だとそういうことは全くなく、途中で放りださずにちゃんと最後まで読み進めることができます。

 

優れた入門書だと思います。

 

電気基礎講座2 プログラム学習による基礎電気工学 磁気・静電気編

直流編が終わったら、2冊目の磁気・静電気編。

 

 

電磁力や電磁誘導、インダクタンス、コンデンサなどについてです。

 

電気基礎講座3 プログラム学習による基礎電気工学 交流編

3冊目は交流について。

 

 

交流のベクトル表示やRLC回路について。

 

交流のところで少し勉強のレベルがあがるので、しっかり解説を読むことをお勧めします。

 

電気基礎講座4 プログラム学習による基礎電気工学 電気回路編

 

 

4冊目は電気回路編。

 

大学で電気回路の授業を履修している場合、テストはこの範囲から出題されことが多いはずです。

 

有名なテブナンの定理や重ね合わせの理などについて説明されています。

 

過渡現象の基礎までこの本で学習できます。

 

ただ、過渡現象は電気回路のなかでも難しいトピックなので、下記でも紹介しますが「解きながら学ぶ電気回路演習」などの演習本を使って実際に問題を解きながら学習するのが良いかと思います。

 

 

ここまで来れば電気回路の基礎はOKです。

 

このシリーズを読み終えたら、

ワンステップ上の参考書。

 

大学レベルの本です。

電気回路論 (電気学会大学講座)

 

数学が必要になってきますが高校レベルの知識で大丈夫です。

 

数学の部分でつまずいたら、一旦この本を読むのを辞めてちゃんと数学をやる必要があります。

 

このレベルの数学は必要不可欠です。

 

本書は大学で必要な知識がコンパクトにまとめられています。

 

大学レベルの電気回路が一冊で学べる優れた参考書。

 

コスパいいです。

 

 

ここらへんから理系の勉強してるなーって感じがしてきます。

 

高校レベルの数学をちゃんと把握している場合は、「松下電器工学院」の参考書は買わずに、この電気学会の「電気回路論」一冊やるだけで十分だと思います。

 

この1冊と演習を少しやれば電気回路の単位はとりあえず取れるかと思います。

 

詳解電気回路演習

最後に演習書について。

 

 

 

 

演習問題の参考書だったらこれ一択。

 

オームの法則、正弦波交流などの基礎から、フーリエ解析、ラプラス変換、フィルタ、過渡現象など応用まで、様々な範囲の問題が掲載されています。

 

問題量もかなり多いです。

 

これを全部完璧にしたら相当な力が付きます。

 

質と量ともに抜群の問題集です。

 

理論についても各章のはじめに説明があるので、ある程度電気回路について既に知っている方はこの演習本だけで十分です。

 

もちろん院試対策にも使えます。

 

電気主任技術者、無線通信士、無線技術士の試験対策にまでも通用する参考書です。

 

 

解きながら学ぶ電気回路演習

演習をやりたい気持ちはあるけど、そんなに多くの問題は勉強したくないよという方はこちらの本が合うかもしれません。

 

 

収録されている問題数こそ少ないものの、選び抜かれた良問が載っています。

 

手っ取り早く演習問題を解いて、パパッと終わらせたいという方にピッタリの本です。

 

大学のテストぐらいだったらこの一冊でも十分カバーできると思います。

 

ここまでやれば取りあえず電気回路はとりあえず大丈夫。

 

 

電気回路の勉強をしたらこのあとに半導体とかアナログ、ディジタル回路の勉強ですね。

 

以上、電気回路のおすすめ参考書についてでした。

 

【過渡現象】RL回路/RC回路の簡単な解き方-例題あり
電気回路の過渡現象の解説。RL回路/RC回路の簡単な解き方を例題つきでご紹介しています。テスト問題対策にもなるはず。難しい微分方程式や積分を使わずに問題を解いています。

 

【基礎】半導体とは?電子回路おすすめ参考書
半導体や電子回路について独学で学べるおすすめ参考書です。半導体の本紹介。入門者用。ダイオードやトランジスタの構造など基礎的な勉強含め、変調、復調なども学べます。専門書でつまずいた方もこちらの書籍ならついていける。

 

【基礎】アナログ回路・デジタル回路のおすすめ参考書-入門
アナログ回路、デジタル回路のおすすめ参考書の紹介です。アナログ回路、デジタル回路の本について。独学で学べる書籍です。トランジスタと呼ばれる半導体を使用した回路やオペアンプなどについて学べます。

 

本記事で紹介された書籍をアマゾンでチェック↓

 

   

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ツイッターのフォローもお願いします。

それではまた!
 
 


YouTubeチャンネルを開設しました。
主にプログラミングについて配信をしています。

 

 
 

勉強 電気
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント