Android Studio でアプリ作ってみた。Kotlinおすすめ参考書紹介。

プログラミング
スポンサーリンク

 

 

こんにちは!

ポーランドで情報工学を勉強しています。

 

今回はKotlinのおすすめ参考書紹介についての記事です。

あとKotlin初心者ながら、Android Studioを使って初めてアプリ(ストップウォッチ)をリリースしたのでそれについても。

 

スポンサーリンク

Kotlin参考書

 

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

 

 

プログラミングについて今まで勉強したことが無いという人にはおすすめしません。

プログラミング言語なんか勉強したことないよという方はこの本を使う前に、クラス、オブジェクト、継承とかについて他の参考書で勉強する必要があります。

 

そこらへんの知識がついてから、この本に取り組むことをおすすめします。

他の言語の経験がある方なら無理なく読み進められます。

 

Kotlinは他の言語のいいところをピックアックしてつくられた言語なので、過去にJavaとかを勉強していたらけっこうスムーズに学ぶことができます。

 

おそらくほとんどの人がJavaとかPythonを過去に勉強した経験があり、「よし!Kotlinも勉強してみるか」というパターンだと思います。

 

 

この参考書の第一部ではKotlinとはなにか?から始まり、Kotlinの特徴、使い道、環境構築や基本的な文法などについて説明されています。

 

第二部は、関数とかクラス、メンバ、インターフェイス、Null安全、ジェネリクスについて。

 

第三部では、実際にKotlinを使ってアンドロイドアプリ開発の体験ができます。

Android Studioのインストール手順や設定などももちろん説明されています。

サンプルプログラムもついているのでこの本の通りに学習を進めれば、実際になにかしらアプリをつくることができます。

(Android Studioについての説明がちょっと少ないので、そこはGoogleで調べてカバー)

 

Kotlinについては僕はこの本だけで勉強しました。

あとは躓くたびにネットで検索というかんじ。

 

アプリ開発

 

僕が今回リリースしたのがこちらのアプリです。

アンドロイドのアプリでアイフォン用ではないです。

 

 

Simple Stopwatch

Simple Stopwatch

Poland_it_blogposted withアプリーチ

 

本当にただのシンプルなストップウォッチのアプリです。

KotlinとAndroid Studioの練習用として作りました。

 

 

ストップウォッチなのでもちろんアプリを閉じてもバックグラウンドで動きます。

アプリを閉じた際、ホーム画面の上部にある通知バーからストップ、リセットすることができます。

 

リリースをするときに間違って広告をつけるという設定をしたのですが、広告のつけ方がわからないのでつけるつもりはありません。

もちろん無料アプリです。

 

苦労した点

Android Studioを使ってアプリを開発する際、大変だったのが設定ファイルのエラーでした。

時間を計るプログラムのエラーはじっくり考えればなんとかなりますが、設定ファイルで起こるエラーは考えてもどうしようもないです。

 

そこで大事なのが検索する力ですね。

とりあえず、Googleでエラーを解決できる方法をひたすら検索する作業。

 

調べても良い解決策がなかなか見つからなかったので、英語でググらざるを得ない状況に陥りました。

 

受験英語の勉強って役に立たないと言う人が多いですが、プログラマにとっては受験英語で得たリーディングの知識というのはかなり役立つと思います。

プログラミングの情報は英語の方が何百倍もありますし、市販の技術書だって翻訳がいまいち分かりにくい場合もあるので、原書で勉強するほうがメリットはあります。

 

今回アプリを開発する際、英語だと簡単に解決策が見つかったので改めて受験英語の大切さを知ることになりました。

プログラミングと英語の相性ってけっこう良いです。

 

 

このアプリに関しては時間があれば今後、タイマーやラップ機能も追加していきたいので(可能なら)、興味があるかたは是非インスト―ルおねがいします。

 

 

以上、Kotlin参考書とアプリ開発についてでした。

 

【独学】Javaのおすすめ参考書-入門から実践レベルまでのロードマップ
Javaのおすすめ参考書まとめ。Javaの本について。入門から上級まで。初心者でも理解できる独学用の書籍を紹介。オブジェクト指向もバッチリ。クラス、継承、カプセル化、ポリフォーリズム、デザインパターンなど実践的な内容をしっかり把握できる本。

 

ご質問・ご感想は

ツイッターお問い合わせからいただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

プログラミング
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
フォローする
スポンサーリンク

コメント